Header image alt text
アフィリエイターズ組合 2chWEB収入板・経済ビジネスニューススレをメインに経済・副業・副収入情報を紹介します。
RSS
1 :海江田三郎 ★ 2016/07/27(水) 07:53:25.97 ID:CAP_USER.net
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF26H0W_W6A720C1MM8000/

 日銀内で追加金融緩和論が浮上してきた。英国の欧州連合(EU)離脱決定で世界経済の先行き不透明感が高まり、
目標に置く物価2%上昇の達成が危うくなってきたためだ。20兆円を超える経済対策を打ち出す政府と足並みをそろえ、
景気や物価を下支えすべきだとの声が広がりつつある。日銀は28〜29日に9人の政策委員による金融政策決定会合を開く。

>>続きを読む

1 :海江田三郎 ★ 2016/07/27(水) 21:39:54.25 ID:CAP_USER.net
http://www.mag2.com/p/money/13117/3
前回の記事『FXディーラーが最も心躍る瞬間。顧客注文を「呑んで」儲けるテクニック』では、顧客の注文をカバーしない場合、
ディーラーの損益は大きくブレるという話をしました。
コツコツ丁寧にカバーしていれば、大きく損をすることはないかわりに大きな収益を上げることもできません。ディーラーも人間なので、
「ここは一発勝負!」と顧客の注文を呑んで大勝を狙う局面があります。そして、それに失敗して負けるときもあります。
ディーラーにとって最悪なケースは、最初の負けで平常心を失い、それを取り返そうと無理な勝負に出てさらに負けの幅を広げるというパターンを繰り返してしまう、というものです。
相場の鉄則の1つは、「失敗が明らかになったら傷が浅いうちに撤収して態勢を立て直す」ですから、それを怠ると思わぬ痛手を被ります。
FXでも株でも、個人で相場を張った経験がある人は1度や2度は身に覚えがあると思います。分かっていてもついロスカットが遅れる、というのは筆者ももちろんあります。
大損失を被って破綻するFX会社も
ただ、個人の場合はどんな恥ずかしいヘマをしてもその個人の責任ですが、ディーラーはFX会社の金で取引をしているので、
ディーラーが大きく負けた場合、会社の存続の危機になってしまいます。
少し前の話ですが、スイスフランが急騰した事件の際は本当に破綻してしまったFX会社もありました。こういう突発的急変動ではやはりプロといえどもあっけなくしぬことがあります。
※「スイスフランショック」の余波世界に、為替業者が破綻 ? ロイター
FX会社の立場では、大きな損失が出ないように(少なくとも、損失する可能性のある最大金額が見積もれるように)何らかのリミット
をかける必要があります。ディーラーの大失敗に備えるガードが会社として必要、ということです。

筆者の知っている範囲では、次のようなリミットがありました。
(1)決まった時刻(NY市場のクローズや、ディーラーが別のディーラーに業務を交代する時刻)では、顧客の全ポジションをカバー済みの状態にするよう義務付ける
こうすれば、ディーラーも「遅くともあとXX時間ではカバー注文をしなければならない」と頭に入るので冷静になりますし、
会社全体の一日ごとの損益額をはっきりさせるためにも有用です

(2)週またぎ禁止
FX市場は土曜・日曜の約48時間は動きません。一日ごとには全部カバーしない場合でも、最低限週末だけはカバーしておこう、というものです。
(3)上限数量、上限損失
ディーラーが未カバーで持っていいポジションサイズに上限を設けたり、その評価損が一定額に達したら強制的にカバーをさせる、というものです。
また、ディーラーが頭を冷やして冷静になる時間を強制的につくるために、「強制カバールールに抵触したディーラーはその後24時間はディーリング業務禁止」という社内規定を持っているところもあります。

本当に上手い個人投資家をマークして売買の参考にする

FX会社は多数の個人投資家を顧客として抱えています。
その中には本当に実力と資金を兼ね備えた「本物の」トレーダーが少数ながら存在しているので、FX会社はその口座の動きをリアルタイムにマークしています。
過去の取引履歴から特に上手いトレーダーを選別してきて、その口座からの注文があると即時にディーラーの端末にアラートが出るようになっています。
ディーラーはそれらの口座の動きも参考にディーリングをします。

例えば、ディーラーが「相場は下」と思っていたところ、突然そういう上級トレーダーの口座から大きなロットの買い注文が出た場合、
「相場は下」という思い込みを即時に放棄してカバー取引を執行する、ということです。
やはり、そういう上級トレーダーは何万人に1人の才能なので、その判断には素直に従うのがよいでしょう。
ディーラーの立場としては、上級トレーダーの判断の逆を張ってまで収益を狙う必要はありません。
ちゃんとカバー取引をしておけば損益はトントンにできるので、別の局面で収益を狙っておけば十分なのです。
今回はここまでとします。次回がもうちょっと同系統の話をつづけた最終回になります。

関連
プロだけが知るFX裏のウラ
http://www.mag2.com/p/money/series/okazaki

>>続きを読む

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/17(日) 21:40:58.717 ID:/Ie1iHbK0.net
何かいい方法ない?

>>続きを読む

1 :海江田三郎 ★ 2016/07/24(日) 21:05:32.64 ID:CAP_USER.net
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO02946290Q6A530C1000000?channel=DF280120166590

「料理を作るのが好きで、トイレットペーパーを切れ目で切る人は、お金がたまりやすい人かもしれません」と、ディグラム・ラボ代表取締役の木原誠太郎さんは言う。
同社は、統計手法を用いて人間の性格や心理を分析し、マーケティングリサーチやコンテンツ作成などを行う会社だ。
 同社が最近、ビザ・ワールドワイドと共に行った「貯蓄賢者」調査(1000万円以上の貯蓄を持つ30代男女が対象)によると、下図のような「性格波形」を示す人が、
男女共に最もお金がたまりやすい(貯蓄志向が強い)という結果が得られた。

 エコグラムという性格診断法で用いられる、性格を構成する5つの要素のうち「母性」と「論理性」が高く、「父性」「奔放性」「協調性」が低いという波形。
簡単にまとめると、自己顕示欲やプライドは低く、優しく感受性が豊かで、計画的に物事を行い、落ち着きがあって、マイペースな人だ。
 「組織では、目立たないけど実務に優れたナンバー2タイプ。出過ぎたことはせず、リスクは取らず、空気を読みながら、ここぞという時に行動する人」(木原さん)。
こういう人は、収入が結構ある一方で、支出が少なめなのだという。
 自己顕示欲やプライドが低ければ、ブランド品や高級車などは買わなそう。落ち着いていれば衝動買いもしないし、マイペースなら人付き合いで余計な出費は増えない。
といったことが想像できる。
 そして、この波形の人に特徴的な行動や志向の傾向を挙げたのが、冒頭のコメントにも出てきた「料理好きで、トイレットペーパーを切れ目で切る」ような人だ。
このほかには、理系思考、店員に注文を間違われても気にならないといった特徴がある(下図の上)。逆にお金がたまりにくい人は、下図の下に示したように
整理整頓が苦手、財布にお守りが入っている、太りやすい――といった行動・志向の傾向があるという。
木原さんが、お金のたまりやすさの点で最も重要な要素と主張するのは「論理性」。これが低い人は、貯蓄賢者になりにくいとはっきり言えるそうだ。
「論理性が高い人は、物事を可視化して整理整頓し、計画的に行動できる人です」。
 この論理性を高めるには、日記を書いたり、日々の雑感を記録したりして、自分の考えや周囲の物事との関係性を可視化する(まとめる)訓練をするといいという。

>>続きを読む

1 :海江田三郎 ★ 2016/07/24(日) 09:16:20.72 ID:CAP_USER.net
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H9Y_T20C16A7CR8000/

パナマ文書問題などをきっかけに日本国内でも富裕層の租税回避に厳しい目が向けられている。
2014年から5千万円を超える海外資産には「国外財産調書」の提出が義務付けられ、富裕層の修正申告も相次ぐ。
ただ海外に日本の調査権は直接は及ばないため、国税当局は日本人が海外に保有する資産の全体像を把握しきれていない。

 「実はスイスに数億円の株などがある。国外財産調書のことは知っていたが、これまで資産を申告せず調…

>>続きを読む

1 :ちゃとら ★ 2016/07/24(日) 17:46:21.31 ID:CAP_USER9.net
■年収1300万円でも赤字「犯人は妻」か

●家族構成(3人家族)薬品メーカー管理職Mさん(49)/妻48歳(専業主婦)/長男17歳(私立高校2年)●年収約1300万円/月収手取り76万円●貯蓄310万円

仕事上では良き上司として慕われ、仕事人間とも呼ばれてしまう、薬品メーカー管理職のMさん(49)。
年収は約1300万円で、妻48歳(専業主婦)、長男17歳(私立高校2年)の3人家族です。

Mさんは奥さんを連れ、暗い表情で家計相談に来ました。

「実は今、貯蓄が310万円しかありません。子どもの大学費用や受験代のことを考えると不安です。こんなに収入があるのに、お恥ずかしい」

そう話し始めるMさんの隣で、奥さんはうなずきながら、うつむいています。

Mさんの会社では、最近、希望退職制度が始まりました。
先輩や同僚がそれに応じているのを見て、自分にも声がかかるかもしれないと不安になったそうです。それで、貯蓄が少ないことに焦りを感じました。

働いているのだからお金は入ってくる、そんな考えで暮らしてきたのが間違いだったと悔やんでいます。
でも奥さんは奥さんで、必要なものしか買っていないと思うし、ムダ遣いはしていないつもり、と話します。

なぜこのような状況になったのかを知るため、1カ月の収支を数字で出していきました。

月の手取り収入は76万円ほど。
対して支出の合計は79万超で、収支としてはマイナス3万1000円という赤字の状況。
この収入を使い切って、かつ赤字にしてしまうとは、もうお金を使いすぎる習慣が身についてしまっていると言わざるをえません。

毎月の支出状況を聞き取りし、家計表にまとめました。

すると、各費目の支出が多すぎる、いわゆるメタボ家計になっていることがよくわかりました。
その支出の中身を聞くと、お金を使いすぎる原因となるポイントが3つわかりました。

【高収入なのに赤字家計ポイント1】

1つ目は、何事も「良いもの」を選んでいること。食材や衣類は素材の良いものを選びがちで、必要以上に高額になっていました。
これは奥さんにすると仕方がない「消費」支出です。少しくらいならまだしも、かなりこだわりがあります。

【高収入なのに赤字家計ポイント2】

2つ目は生命保険に入りすぎ。勧められるがままに貯蓄性の高い保険に加入し、逆に必要と思われる医療保険は手薄な状況になっているのも問題です。

【高収入なのに赤字家計ポイント3】

3つ目は、いわゆる「妻費」の多さ。被服費、交際費、娯楽費、美容費などから奥さんの洋服、お友だち付き合い、化粧品、ネイルなどの支払いをしており、これが毎月かなりの額になっています。散財といっていいかもしれません。

つづく

http://president.jp/articles/-/18556

家計簿

>>続きを読む

1 :海江田三郎 ★ 2016/07/25(月) 10:30:34.27 ID:CAP_USER.net
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/07250551/?all=1

茶碗3杯分の白飯の上には、秘伝のニンニク醤油ダレの絡む大量の豚バラ肉。「伝説のすた丼屋」の看板メニュー
“すた丼”は630円の並盛が560グラムで、吉野家など“牛丼御三家”の特盛よりもボリュームがある“メガ盛り”だ。多くの若者から
圧倒的な支持を得て店舗は急拡大し、上場計画が浮上しているという。
「伝説のすた丼屋」の運営会社はアントワークス。社長は、自ら“伝説”と名乗って恥じない“元不良少年”の早川秀人氏(51)だ。経済誌の外食担当記者によれば、

「もともと“すた丼”は、東京・国立市内にあった創業1971年の“サッポロラーメン”店主の橋本省三さんが生みの親。早川さんは“すた丼ファン”で、
橋本さんをオヤジと呼んで慕っていたアルバイトの1人でした」
 早川氏は夕刊紙のインタビューで、“父親は公安関係の警察官でしたが、バイクを盗んだりして8回補導され、高校を中退した”と、かつての“やんちゃ時代”を告白している。

「橋本さんが亡くなり、早川さんが2006年に社長に就任しました。それまで『伝説のすた丼屋』は国立市など多摩地区を中心
に10店舗ほどでしたが、早川さんは全国に出店攻勢を開始したのです。今では、東は宮城県から西は熊本県に進出し、
米国にも2店舗を構えている。わずか10年間で75店舗の一大チェーンを築き上げたことは、“外食産業の風雲児”と言っていいでしょう」(同)

 外食産業の市場規模は約24兆円。牛丼だけでも“御三家”がしのぎを削る“戦国時代”であることはご存じの通りだ。

■課題は自己資本比率
 さて、元不良少年がアルバイトから社長に上り詰める成功譚。外食産業にはありふれた話だが、
早川氏も「ワタミ」の渡邉美樹元会長のように自らの“伝説”を引き合いに出して、社員やアルバイトに過酷な労働を強いていないのか。

「他の外食産業の会社に比べて、悪評は聞こえてきません」
 こう語るのは、外食産業に詳しいアナリストだ。
「アントワークスの強みは社員の平均年収の高さです。上場している外食産業社員の平均年収は約480万円ですが、
アントワークスは非上場にもかかわらず同水準の約470万円。業界平均が400万円以下という点を考えれば、“社員に優しい企業”といえるのではないでしょうか」

 アントワークスは19年までに店舗数180、年商86億円の目標達成を掲げている。
「過去5年間の決算を見ると、11年7月決算の売り上げは32億7400万円で、昨年7月決算は45億6600万円。5年連続で前年の売り上げを上回っているものの、
最終利益が安定していません。昨年までの過去3年間は黒字を維持しているが、12年7月期は出店費用などが嵩み約1億1700万円の赤字を計上しています」(同)

 早川社長は来年までに株式を公開すると公言しているが、兜町には“年内上場”との観測も流れている。
「店舗拡大には資金が必要だが、銀行からの借り入れにも限界があるので株式上場が一番手っ取り早い。
資本金4500万円のアントワークスの自己資本比率は、3・6%と極めて低く信用力が十分とは言えません。
飲食業界で1部上場企業の自己資本比率は平均34・7%。早急に第三者割当増資を行って業界平均まで引き上げれば、信用力も向上して上場を果たせるはずです」(先の記者)

 早川社長は、上場を果たして新たな“伝説”を築くことができるか。

>>続きを読む

1 :マスク剥ぎ(禿)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 10:32:27.22 ID:BlM0MHTu0.net BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典

https://zuuonline.com/archives/114265

米国で中流の上層階級(Upper Middle Class)が急増している。1979年と比較すると2倍以上に値する29.4%の国民が、最高年間所得34万9999ドル(約3689万円)の枠組みに属するという。

こうした数字の変化は、米国の経済が豊かになったと受け止められがちだが、実際は貧富の差が拡大していることを表しているに過ぎない。
不動産価格の高騰もあり、特に若年層家庭では、住宅購入の動向にも大きな変化がでているそうだ。

米国の63%が中流の上層階級以上 広がる格差
この調査は、米人口動態調査で収集された5万から7万5000世帯のデータに基づいて、ジョージワシントン大学公共政策研究所のスティーヴン・ローズ氏が分析を行い、レポート化したもの。
3段階に分析期間をわけ、1980年前半の景気循環期に突入する直前の1979年、2008年のリーマンショックへの蓄積期間となった2000年から2007年、
恐慌から回復したと見られる2014年を、比較地点に設定している。
レポートによると、1979年からの35年間で、中流の上層階級は米人口の12.9%から16.5ポイント増。
2014年の中流階級全体の所得を見てみると、46%から20ポイント減だが、中流の上層階級以上が占める割合は63%(上流11%、中流上層52%)と、30ポイントも増している。

富が均等に配分されず、ピラミッドの上部のみに集中していることは一目瞭然だ。

貧富の格差については近年、世界中で焦点が当たっているものの、具体的な解決策も打ちだされないまま格差だけが拡大傾向にある。
世界屈指の経済大国、米国といえども、日々の生活に経済的な不安を抱える人々が急増しており、雇用拡大などでは補いきれない不穏な空気が、国全体に広がり始めている。

>>続きを読む

1 :海江田三郎 ★ 2016/07/25(月) 12:39:56.34 ID:CAP_USER.net
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-24/OAPILV6KLVR501

日本銀行が今週開く金融政策決定会合で追加緩和に踏み切るとの見方が、異次元緩和導入以降の
過去最高に達したことがブルームバーグのエコノミスト調査で分かった。2%の物価目標の早期達成のためには何でもやるとしてきた
日銀の本気度合いが問われており、緩和がなければ円高が進むとの見方が多い。
  エコノミスト41人を対象に15−22日に実施した調査で、日銀が28、29日の会合で追加緩和を行うとの予想が32人(78%)と圧倒的多数を占めた。
直前予想としては4月会合前(56%)を抜いて、量的・質的金融緩和が導入された2013年4月3日会合(100%=対象13人)以降、最も高くなった。

 追加緩和の具体的な手法については、エコノミスト39人(複数回答)のうち指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ増が28人(72%)と最も多く、
マイナス金利の拡大(25人、64%)、マネタリーベース増加ペースの引き上げ(20人、51%)、長期国債の買い入れ増(18人、46%)、
不動産投資信託(J−REIT)の買い入れ増(14人、36%)と続いた。

  サーベイの結果を見るにはここをしてください
  消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)だけでなく、エネルギーと生鮮食品を除く日銀版コアCPI、刈り込み平均値、
上昇・下落品目比率など、日銀が物価の基調として重視している指標も軒並み鈍化している。企業短期経済観測調査(短観)や生活意識アンケート調査など
、企業や家計のインフレ期待も低下を続けている。6月会合では2%目標の達成に「警戒信号が点滅している」との指摘も出た。

無策なら日銀の本気が疑われる
  JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミストは「こうした状況下、7月会合では日銀の2%物価目標の達成に関する本気度が問われる」と指摘。
日銀は2%物価目標の実現を目指し、「市場の一部にある『緩和限界説』に真っ向から反論するためにも、今後はマイナス金利の深掘りを含め、
さらなる緩和策を実施する可能性が高い」とみる。
  日銀は前回4月の経済・物価情勢の展望(展望リポート)で物価目標の2%に達する時期を「2017年度中」と従来の「17年度前半ごろ」から先延ばしした。
先送りはこの1年あまりで4回目だった。今回先送りすれば、1月以来3カ月ごとに半年先送りするという事態になる。
  三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎シニアエコノミストは17年度のコアCPI前年比は0.8%上昇程度にとどまると指摘。
日銀の2%達成時期は「18年度前半」に先送りされるとみる。物価がマイナスで推移している状況下、
「これを放置することは、目標達成の本気度を疑われることになりかねないため、現状維持はない」とみる。
  野村総合研究所の井上哲也金融ITイノベーション研究部長は「この間の円高によって、少なくとも物価見通しの引き下げは不可避」とした上で、
追加緩和を行うことが「『できるだけ早く2%目標を達成する』という現在のコミットメントと整合的な判断になる」という。三井住友信託銀行の
花田普調査部経済調査チーム長も「ここで緩和しなければ日銀の姿勢が決定的に疑われる状況にある」という。

>>続きを読む

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/24(日) 10:17:52.508 ID:ikeGCtC/H.net
俺はやっと貯金1000万たまったけどとてもじゃないが仕事は辞められない
でもこの倍の2000万なら実家に戻れば定年を迎える年齢までは何とかやっていける
そこから先は自殺でもいいしそれまでに病気でしんでるかもしれないからいいんだけど
貯金が2000万を超えていてもまだ働いてる人って何が嬉しくて仕事に行くの?

>>続きを読む